トラック用オーディオの選び方

トラックに必要なオイル交換とタイミングについて

トラック用オーディオの選び方 乗り物の中にはトラックに分類されているものがありますが、荷物類などを輸送する際に活躍をしている乗り物です。
このタイプの乗り物であっても定期的なメンテナンスが必要とされていて、代表的なものの中にはオイル交換を行う方法があります。
トラックの場合では常に稼動していることが多く、一般的な自動車よりも走行距離数が増えてしまうことが目立ちます。
オイル交換についてはエンジンの潤滑油として使う目的を持っているものですが、エンジンの冷却や洗浄能力なども兼ね備えているので、非常に大切な役割を持っていることが分かります。
タイミングについては5,000キロ走行から10,000キロ走行内、若しくは半年から1年の間隔で実施することが良い方法と言われていますが、トラックの場合では過走行になりがちなので、小まめに普段からオイル量などをチェックした上で、常に適切に作業を行うことが推奨されています。
しっかりとトラックのオイル交換を行うことで、エンジンの状態を良好に保つことができます。

トラック用オーディオの選び方

トラックで長距離移動をする機会が多いなら、車内のオーディオ機器を充実させておくと快適なドライブを楽しむことができます。
最近の機器はカーナビなどと連動しているものも多いので、多くの機能を備えたものを選べば最初は高価と感じても長く使えるのでお得です。
トラックのオーディオ選びで知っておきたいことの一つに、電源確保の方法があります。
これはトラックの多くが24Vである一方、機器類の多くは12Vであることからきています。
つまりそのまま使おうとすると電源を確保できない可能性があるため、購入前に使える機器について調べておくことが大事と言えます。
万が一24Vの車に12Vの機器を買った場合でも、変換するための機器を買ってくれば問題なく取り付けることができます。
DC/DCコンバーターと呼ばれる機器が売られており、これを間に接続すれば変換されて正常に動作します。
とはいえ電気関連に詳しくない方は、無駄な出費を抑えるためにも、カーショップの店員さんに相談することをおすすめします。

注目サイト

リースバック
https://www.ams-tokyo.co.jp/leaseback/

最終更新日:2016/7/21