トラックの排気量はどのくらいか

トラックの排気量はどのくらいか

トラックの排気量はどのくらいか 自動車は排気量の違いにより軽自動車や小型自動車に普通自動車と分けられますが、軽自動車では660cc以下小型自動車では大きさの規格と2000cc以下を満たしたもので、小型自動車の規格のいずれか一つでも超えるものがあるときに普通自動車になります。
トラックになると大型や中型や小型の分類がそれぞれ違い、大型と中型の違いは車両総重量で決められ中型と小型の違いは車両の寸法と積載量で決められています。
そのためトラックの大きさは排気量で決められるものではありませんが、総重量や積載量が大きくなれば大きくなるほど動かすために必要な力が多くなるため、排気量も必要になります。
大型トラックになると排気量は9000から30000cc位までと、乗用車よりもはるかに大きくなっておりエンジンの力も強くなります。
軽トラと呼ばれる軽自動車のトラックは大きさの規格と660cc以下と決まっており、車体も小さいため荷物も多くは積めません。

ハイブリッドのトラックに関する実情

近年ではトラックなどの商用車にも、内燃機関と電気モーターで走るハイブリッド車が普及しつつあります。
しかし、そこには耐久性や走行性能など、乗用車とは異なる厳しい条件があります。
ある自動車メーカーでは、そうした難題を解決するために、新しいハイブリッドシステムを開発しています。
また、エンジンやモーターなどの構成部品を制御する独自の技術も確立されています。
このような努力によって、経済面や環境面に配慮されたバランスの良いトラックなどの商用車が生産されています。
トラックやバスに対しては、制度面での燃費改善が進んでいます。
エネルギー使用の合理化に関する法律の改正によって、トラックなどの重量車に対しては、車両の総重量ごとに達成しなければならない新たな燃費基準が制定されています。
これらの取り組みの効果として、今後、大気汚染物質や温室効果ガスの排出を抑えた商用車が本格的に普及され始めるでしょう。
そうなれば、環境保全に対応した車社会の実現が近くなるでしょう。

Valuable information

札幌でセルライトを処理

2018/7/27 更新